知っておくと絶対に得?バイトに関する法律3選

admin   2015年8月27日   知っておくと絶対に得?バイトに関する法律3選 はコメントを受け付けていません。

欠勤時の代わりは見つける必要ない

よくバイト先で言われている人も多いみたいですが、休むのであれば代わりに出てくれる人を探せという言葉はそもそも違法である可能性が高いです。バイトが欠勤すると、確かにお店は困るかもしれませんが、普通に考えたら1人休まれて困るような体制にも問題があると言えます。また、法律上、欠勤時の代わりが必要ならば、その人間を探すのはお店側の仕事であって、バイトの仕事ではありません。実際、風邪で休むときに代わりを探せと言われても動けるわけがないのですから。

バイトも正社員と同じで有給休暇は使える

バイトに有給休暇の説明をするお店は少ないかもしれませんが、知らない人は知ってきましょう。有給休暇は正社員だけの特権ではありません。バイトも法律上は、規定の日数を継続して勤務すれば有給休暇は貰えます。バイトの場合は勤務の頻度や日数が正社員よりも低い、少ない場合があるので、正社員同様の日数を与えられるとは限りませんが、有給休暇をもらえることはもらえます。だから、もらっているのに知らないで1日も使わないと損ですから、バイトでも有給は使えるということです。

罰金等のお金は払う必要ない

よく遅刻したから罰金とか、何か問題行動をしたから罰金みたいな制裁を加えるお店も中にはあると思います。ただ、こうした罰金はたいていのものが違法です。罰金というか、損害賠償自体は可能ですが、それは現実的に損害と呼べるものが発生しており、かつお店側がそれが生じないための出来る限りの対策をしていた。またはバイトに明らかなミスがあったというような場合でなければ、請求はできないのです。だから、ケースバイケースですが、罰金等の名目でお金を払わないといけないということはないのです。

接客の求人に求められることは、お客さんに対し笑顔で接し丁寧な接客を行うことです。気持ち良く買い物してもらうことが大切です。