ベンチャー企業だからこそ持つ武器で勝ち抜く

admin   2015年8月27日   ベンチャー企業だからこそ持つ武器で勝ち抜く はコメントを受け付けていません。

ベンチャー企業にも武器はある

ベンチャー企業となりますと社会的な信用度や知名度がほとんどない上に、資金力も乏しい場合があり、企業としての力はどうしても弱いと言わざるを得ません。他に共同他者のいない独創的な商材を有しているのならば話は別ですが、競合他社がいる中で生き抜いていくのは非常に難しく、中堅や大手企業に太刀打ちできずにくすぶってしまうことも珍しくありません。ですが、そんなベンチャー企業だからこそ有する武器を効果的に用いれば勝ち抜く可能性は十分にあります。

ベンチャー企業が持つ武器とは

ベンチャー企業が持ち、中堅や大手企業にない大きな武器は組織の柔軟性です。構成する社員の数が少なく、長い操業期間の中で培ってきた規則や伝統、常識といったものにとらわれることのない経営を行なうことができます。そのために独創的なアイディアが生まれた場合には組織が一丸となってかたちにしやすいですし、意思決定も早いのでスピードもあります。中堅や大手企業となりますと意思決定力に欠いてしまい、スピード感を失っていることもありますので、勝負をするならばこの点でしょう。

柔軟性を活かした勝負とは

経営には柔軟性が必要です。市場は絶えず変化し続けており、単一の商材を同じ方法で営業や販売を続けていたところで、いつかは躓いてしまう可能性があります。そうならないために常に新しいアイディアを模索し続ける努力が必要であり、それこそが柔軟性であるといえます。営業や販売手法を変更したり、新商品を出したりとそうした工夫をどれだけスピーディーに行なえるのかが求められる中で、中堅や大手企業よりもベンチャー企業の方が対応しやすいのです。

いつか独立するという野心を抱えている方はベンチャーの転職に応募しましょう。少数精鋭の中で活躍していけます。